酒肴吟味 これから 名古屋北区の利き酒師が選んだ日本酒が飲める 本格洋食との絶妙な掛け合わせに大満足の店。大曽根駅から徒歩5分

こだわり

名古屋市大曽根の“酒肴吟味これから” 店主が利き酒師の当店では他店では“酒肴吟味”味わえないものばかりをご用意。

店主が利き酒師の当店では、名古屋ではめったにお目にかかれない十四代、磯自慢、飛露喜を始め
地元愛知の長珍、醸し人九平次などの地酒や、森伊蔵、魔王、村尾など
レアな焼酎、兼八、さつま寿など、他店では味わえないものばかりをご用意。

「お客様には常に違うものや旬のものを食べて頂きたい」そんな店主の思いから、
毎日市場に出かけ和食洋食をご用意、又メニューにない隠しメニューも満載!

各種ご宴会コースも同じ考えでお客様の要望を最大限お聞きしコースを組み立ていきます。
こんなもの食べてみたい、これは食べれないなどどしどしお申し付けください。
毎日が日替わりコースとなっております。

黒ちゃんの想い

生まれたのは昭和46年7月19日名古屋で生まれました。
決して裕福な家庭ではないでしたが幸せの幼少期でした
幼かった時コックだった親父の背中がカッコよかった記憶が今でも残っています
決して親戚が多い家庭ではなかったためお正月になると親父が飲食仲間を家に呼んでに
ぎやかなお正月を過ごした思い出は今でも忘れません
ゼンヌ幼稚園、大杉小学校、八王子中学校、守山高校、愛知工業大学まで
行かせていただき親には感謝です
学生時代はファミレス、豆腐屋、スーパーの青果、鮮魚、居酒屋の
バイトなど大人と触れ合い楽しい学生時代でした。
卒業するとき・・・・親父は絶対に飲食はダメとの事でサラリーマン(営業職)電材会社、生コン会社  
その後ある会社の社長の娘と結婚し父親も母親もすごく喜んでいてくれたな・・・
でも人生そんなに甘くなかったです  そう・・・離婚しちゃいました。
   同時に職も失い荒れた日々を過ごす羽目に・・・・
もちろん就職活動もしたがやはり自分の中には幼少期のオヤジのかっこいい姿が・・・・
27歳の時遅いかもしれないが飲食の世界でやってやるぞと
イタリアン、フレンチ、高級居酒屋などで接客や料理を猛勉強・・・・
そんなときであったのが利酒師の資格(日本酒ソムリエみたいなもの)
何か自分にできることはないかもっとお客さんにできることはないか・・・ 
       猛勉強の上合格!!
もっと日本酒でみんなを笑顔にしたいもっと日本酒の良さを知らせたい
もっと日本酒で素敵な出会いがしたいで今のお店を35歳の時始めました。
決していい時ばかりではないですが今は黒ちゃんが目利きした日本酒と
鮮魚とキャッスルホテルで修業した弟の勝ちゃんの
イタリンアン、フレンチ、ビストロなどの洋食メニューを
中心にお店を切り盛りしています
・大好きなお客様からいつもありがとね
・黒ちゃんいつもうまい日本酒ありがとね
・黒ちゃん最高楽しい宴ありがとね
こんな言葉をいただく時が至福の時です
     最後まで読んでいただきありがとうございますオーナー黒川義幸

お客様のお声