任意整理を行なおう【交渉にあたっては当然専門知識が必要】

デメリットの少ない手続き

天秤

周囲にバレずに行える

債務整理は、借金が全額返済免除されたり、減額、利息の免除をしてもらえる手続きなのでメリットが大きいのですが、デメリットも多数あるのです。例えば、官報に掲載される、信用情報がブラックになるので新たな借り入れやクレジットカードの作成がしばらくできなくなる、一部の職業に就くことができないなどのデメリットがあります。債務整理もいくつか手続きがありますが、その中でも一番デメリットが少ないのが任意整理です。大阪にお住まいの方であれば、個人再生や自己破産をすると管轄が大阪地方裁判所ですので申し立て時や面談等で通わなければならないです。弁護士といった専門家の力を借りずに自分で行う時は、平日に休みをとって大阪地裁に行く必要があるので、仕事をしながらだと大変な負担です。任意整理であると、自己破産や特定調停、個人再生のように大阪地方裁判所を介さないので厳密にいえば法的手段ではないのですが、周りに知られることなく任意整理の手続きを進めていくことができます。弁護士に依頼をすることで、交渉は弁護士が債権者と個別に交渉します。裁判所は関係ないので、裁判所から書類が届いたりすることもなく、周囲に内緒で任意整理をすることができます。また、弁護士から相談者に連絡することがあれば、指定の時間に連絡をしたり、面談は自宅ではなく事務所ですべて行うなど人整理の相談者のプライバシーには十分に配慮して、返済をしやすいように手続きをしてくれます。